アクアマリンって何?魅力がいっぱい!パワーストーン活用方法

【天然石】アクアマリン

 

「アクアマリンってどんな石?」
「アクアマリンって、どういう時に身につけるのがおすすめなの?」

 

アクアマリンは、「ベリル(緑柱石)」という天然石の種類の一つです。

 

清楚な雰囲気をイメージさせたり、涼しさをイメージさせるパワーストーンで、

 

ストレスを軽減させたい時や、
心を穏やかにしたい時
人に対して寛容な気持ちを持ちたい時にもおすすめです。

 

また、
花粉の季節や、免疫にも役立ちます。

 

完結していないことがある場合に結論をもたらすのをサポートし、
直感を高めるのを手伝ってくれます。

 

他にもたくさんの作用があるので、
参考にしてみてくださいね!

 

それでは、
詳しく見ていきましょう!

 

 

 

 

こんな時におすすめ!

 

心の作用

  • ストレスの軽減
  • 心を鎮める
  • 他者に寛容な気持ちをもつ
  • 自己表現を促進する
  • 恐れを鎮める
  • 感受性を高める

 

体の作用

  • 喉の痛みを癒す
  • 腺の腫れを癒す
  • 甲状腺を癒す
  • ホルモン分泌の調整
  • 強壮作用
  • 目を癒す
  • あごを癒す
  • 歯を癒す
  • 胃を癒す
  • 近視を和らげる
  • 遠視を和らげる
  • 免疫系の機能を高める
  • 花粉症などの自己免疫疾患を鎮める

 

その他の作用

  • 未完結の事項に結論をもたらす
  • 直感を高める

 

おすすめの使い方

  • 手にもつか、適切な場所に置く
  • 目の上に置く

 

アクアマリンのエピソード

 

アクアマリンはおよそ2000年前にローマ人によって名付けられ、
その語源はラテン語で水を意味するマリーン(Marine)からきています。

 

アクアマリンの鉱物種である、ベリルで無色のものはクラリティが高いため、
中世後期にはメガネの先駆けとして使用されました。

 

アクアマリンの特徴

 

ベリルはアクアマリンの鉱物種ですが、
自然の中で作られるもっとも美しい宝石のいくつかはベリルと言われています。

 

ベリルで有名な石は、アクアマリン、エメラルドです。
アクアマリンは清楚な雰囲気をイメージさせたり、涼しさをイメージさせる天然石です。

 

アクアマリンは採取した時にすでにブルーのもと、
淡いグリーンや茶色がかったものを加熱して引き出したものがあります。

 

アクアマリンは清楚な雰囲気で品格があり、
ブルーがあまり濃すぎない方が柔らかさや落ち着きを感じさせます。

 

特に夏に涼を呼ぶ宝石として重宝されます。

 

品質のいいアクアマリンの見極め方

 

JQ(ジュエリークオリティ)未満のものは、灰色がかかったり、色がくすんでいる。

 

アクアマリンの鉱物データ

  • 英名:AQUAMARINE
  • 鉱物種:ベリル(緑柱石)
  • 化学名:ケイ酸ベリリウムアルミニウム
  • 科学組成:Be3AI2Si6O18
  • 結晶系:六方晶系
  • 晶癖:柱状
  • 屈折率:1.57~1.61
  • 比重:2.6~2.9
  • 光沢:ガラス光沢
  • 劈開:弱い
  • モース硬度:7.5~8
  • 耐久性:5

 

主な原産地

  • アメリカ合衆国
  • メキシコ
  • ロシア
  • ブラジル
  • インド
  • アイルランド
  • ジンバブエ
  • アフガニスタン
  • パキスタン

 

 


ページの先頭へ戻る