ブラッドストーンって何?魅力がいっぱい!パワーストーン活用方法

【天然石】ブラッドストーン

 

「ブラッドストーンってどんな石?」
「ブラッドストーンって、どういう時に身につけるのがおすすめなの?」

 

ブラッドストーンは、「カルセドニー(玉髄)」という天然石の種類の一つです。

 

勇気を出したい時や、心を活性化させたい時だけでなく、
心をしずめて混乱を取り除きたい時にもおすすめです。

 

また、慣れていない状況に適応したい時や、直感を高めたい時創造力を強化したい時にも役立ちます。

 

よく眠りたい時には、水を入れたボウルの中にブラッドストーンを入れて、ベッドのそばに置いて寝るのがおすすめです。

 

免疫力を高めたい場合には、胸腺の上にブラッドストーンをあてるのもおすすめです。

 

他にもたくさんの作用があるので、
参考にしてみてくださいね!

 

それでは、
詳しく見ていきましょう!

 

 

 

 

こんな時におすすめ!

 

心の作用

  • 勇気が出る
  • 心を鎮める
  • 混乱を取り除く
  • 精神的に消耗した時に、心を活性化するのを助ける
  • 不慣れな状況への適応
  • 神経過敏の軽減
  • 焦燥感の軽減

 

体の作用

  • 血液の浄化作用
  • 肝臓の解毒
  • 腸の解毒
  • 腎臓の解毒
  • 脾臓の解毒
  • 膀胱の解毒
  • 膿の産生を軽減
  • 過酸化作用の無効化

 

その他の作用

  • 直感を高める
  • 創造力の強化

 

おすすめの使い方

  • 継続して身につけるのが良い
  • 水を入れたボウルの中に入れたものをベッドのそばに置いて寝ると、安眠につながる
  • 免疫力を高めたい場合は、胸腺の上にあてるのも良い

 

ブラッドストーンのエピソード

 

ブラッドストーンは中世のヨーロッパでは、その外見から鼻血を予防し怒りを静める効果があり、
出血や炎症性疾患の治療薬にもなると信じられてきました。

 

ブラッドストーンの特徴

 

ブラッドストーンは、ヘリオトロープとも呼ばれ、濃緑色のカルセドニーは赤いジャスパーの斑点を持ったものです。

 

 

文字どおり血液の滴りに似た斑点模様です。

 

ブラッドストーンは微量のケイ酸鉄を含むことで不透明な深緑色をしています。

 

ブラッドストーンの鉱物データ

  • 英名:BLOODSTONE
  • 鉱物種:カルセドニー(玉髄)
  • 化学名:酸化ケイ素
  • 科学組成:SiO2
  • 結晶系:三方晶系
  • 晶癖:柱状、板状
  • 屈折率:1.54~1.55
  • 比重:2.7
  • 光沢:ガラス光沢
  • 劈開:なし
  • モース硬度:7
  • 耐久性:3

 

主な原産地

  • オーストラリア
  • ブラジル
  • 中国
  • チェコ共和国
  • ロシア
  • インド

 

 


ページの先頭へ戻る