クリソコーラって何?魅力がいっぱい!パワーストーン活用方法

【天然石】クリソコーラ

 

「クリソコーラってどんな石?」
「クリソコーラって、どういう時に身につけるのがおすすめなの?」

 

クリソコーラは、クリソコラとも呼ばれる天然石で、
半透明で豊かな青みどり色のクリソコーラは、価値が高いとされています。

 

自分に自信をもちたい時や、やる気を出したい時にもおすすめですし、
緊張を軽減させて冷静になりたい時にもおすすめです。

 

クリソコーラは、染料で着色されているものや、放射線照射のものもあるので注意してください。

 

また、衝撃や急な温度変化にも注意が必要です。

 

他にもたくさんの作用があるので、
参考にしてみてくださいね!

 

それでは、
詳しく見ていきましょう!

 

 

 

 

こんな時におすすめ!

 

心の作用

  • 自信をもたらす
  • 感受性を高める
  • 恐怖症の克服
  • やる気をもたらす
  • 緊張の軽減
  • 冷静さを保つ
  • 罪悪感の軽減

 

体の作用

  • 関節炎を癒す
  • 骨疾患を癒す
  • 筋肉のけいれんを癒す
  • 消化管疾患を癒す
  • 潰瘍を癒す
  • 血管疾患を癒す
  • 肺を癒す
  • 肝臓の解毒
  • 腎臓の解毒
  • 腸の解毒
  • 肺機能と肺活量を高める
  • 筋肉の強化
  • 冷却作用
  • 喉を癒す
  • 扁桃腺を癒す
  • 血圧を下げる
  • やけどを和らげる
  • 関節炎の痛みを鎮める
  • 甲状腺の強化
  • 代謝の促進
  • PMS(月経前緊張症候群)を癒す
  • 月経痛を癒す

 

おすすめの使い方

  • 皮膚にあてる
  • 松果体の上に置く

 

使用上の注意点

 

クリソコーラは染料で着色したり、放射線照射のものもあるので、注意が必要。
劈開が強いため、衝撃や急激な温度変化に弱い。

 

クリソコーラのエピソード

 

クリソコーラは、ギリシャ語の「金」、クリソス(Chrysos)と「にかわ」(接着剤のようなもの)を意味する
コラ(Kolla)から考えられた名称です。

 

これは、金をつなぎ合わせる材料として使われていたからのようです。

 

名付け親はギリシャ哲学者テオプラトスによって紀元前315年につけられました。

 

クリソコーラの特徴

 

クリソコーラは通常、塊状で緑または青で産出します。

 

オパールと密に組み合わさっていることが多いです。

 

そのため、クリソコーラそのものよりも硬い石になります。

 

 

品質のいいクリソコーラの見極め方

 

半透明な豊かな青緑色のクリソコーラは価値が高いとされています。

 

クリソコーラの鉱物データ

  • 英名:CHRYSOCOLLA
  • 鉱物種:クリソコーラ(珪孔雀石)
  • 化学名:水酸化ケイ酸銅水和物
  • 科学組成:CuH2(Si2O5)(OH)4・nH2O
  • 結晶系:直方晶系
  • 晶癖:塊状
  • 屈折率:1.58~1.64
  • 比重:1.9~2.4
  • 光沢:ガラス光沢〜土状
  • 劈開:なし
  • モース硬度:2~4
  • 耐久性:2

 

主な原産地

  • アメリカ合衆国
  • イギリス
  • メキシコ
  • チリ
  • ペルー
  • ザイール
  • ロシア
  • イスラエル
  • チェコ
  • オーストラリア
  • コンゴ共和国

 

 


ページの先頭へ戻る