ペリドットって何?魅力がいっぱい!パワーストーン活用方法

【天然石】ペリドット

 

「ペリドットってどんな石?」
「ペリドットって、どういう時に身につけるのがおすすめなの?」

 

ペリドットは、別名「クリソライト」「オリビン」と呼ばれる天然石で、
エジプトでは「太陽の宝石」と呼び、ファラオたちの王冠や装飾品に使用していました。

 

ストレスを軽減させたい時や、自信を高めたい時などに役立ちます。

 

ペリドットは、のどの近くや、肝臓の上などに身につけたり置いたりするのがおすすめです。

 

他にもたくさんの作用があるので、
参考にしてみてくださいね!

 

それでは、
詳しく見ていきましょう!

 

 

 

 

こんな時におすすめ!

 

心の作用

  • 重荷を取り除く
  • 罪悪感を取り除く
  • 強迫観念を取り除く
  • 嫉妬を和らげる
  • 恨みを和らげる
  • 悪意を和らげる
  • 怒り和らげる
  • ストレスの軽減
  • 自信を高める
  • 攻撃的でない自己主張の促進
  • 自分自身を許すのを助ける
  • 無気力の解消
  • 自分の過ちを認めて前進するのを助ける
  • 自分の人生に対して責任を負うのを助ける
  • 憂鬱症の克服

 

体の作用

  • 強壮作用
  • 代謝の強化
  • 皮膚に有用
  • 心臓の働きを助ける
  • 胸腺の働きを助ける
  • 肺の働きを助ける
  • 胆のうの働きを助ける
  • 脾臓の働きを助ける
  • 腸の働きを助ける
  • 潰瘍に有用
  • 目の強化
  • 筋肉の収縮を強化しつつ痛みを軽減して出産を助ける(腹部の上に置く

 

おすすめの使い方

  • のどの部分に身につける
  • 置く
  • 肝臓の上に、皮膚に直接あてるように置く

 

ペリドット のエピソード

 

ペリドットの鉱物種オリビンの語源はラテン語オリーブの実に近い緑で産出します。

 

ペリドットはフランス語ですが、アラビア語の「宝石」を意味するファリダッドが語源ではないかと言われています。

 

ペリドットをエジプトでは「太陽の宝石」と呼んで、ファラオたちの王冠や装飾品に使用されていました。

 

エジブトのアスワンの東300kmの紅海に浮かぶセントジョーンズ島は、3500年以上も前からペリドットを産出していました。

 

セントジョーンズ島では長い間トパーズという名前で産出されていましたが実はペリドットだったという歴史があります。

 

中世の人々の間でもエメラルドとペリドットを混同し、
ドイツのケルン大聖堂の神殿に飾った200ctのペリドットをエメラルドだと信じていました。

 

ペリドット の特徴

 

ペリドットの色は金色がかった淡い緑色から、茶色がかった緑色までありますが、
濃い緑色の石がもっとも高価とされています。

 

ペリドットは硬度を顧慮して、指輪ならカボションカット、ファセットカットならペンダントがおすすめです。

 

透明度が高く茶色みが少ないものも綺麗です。

 

ノルウェー産のペリドットは美しいとされています。

 

最高品質のペリドットの産出は、ミャンマーが多いとされています。

 

ペリドットは隕石から発掘されることこもあるようです。

 

地球起源のペリドットと比べると比重は大きく、内包物として鉄隕石が含まれて強い磁性を示し、独特な輝きをしています。

 

品質のいいペリドットの見極め方

 

ミャンマー、パキスタン

 

最高品質の多いとされています。
オリーブのような黄色みの少ない美しいグリーンが主流です。

 

粒も10ctほどのものも期待できます。
パキスタンは4000m以上の標高なため、採掘が困難で量が限られています。

 

アメリカ合衆国

 

アリゾナ州が産出されたペリドットは世界の80%を占めます。
褐色みの強いものが比較的多く標準品質のものが大半を占めます。

 

ノルウェー

 

サンモーアから柔らかい若草色、淡めの純粋な緑色のペリドットが産出されます。

 

ミャンマー、パキスタンのものと比べると濃度と彩度から見るとミャンマー産より低いです。

 

5ctを超える石は希少です。

 

中国

 

高彩度の小さい黄色がかかった緑色のペリドットが産出されています。

 

ほかの産地に負けないほど上質で比較的大粒の色ののった石が産出されました。

 

ペリドット の鉱物データ

  • 英名:PERIDOT
  • 別名:クリソライト(CHRYSOLITE)、オリビン(OLIVINE)
  • 鉱物種:オリビン(橄欖石、苦土橄欖石)
  • 化学名:ケイ酸マグネシウム
  • 科学組成:(Mg,Fe)2SiO4
  • 結晶系:直方晶系
  • 晶癖:板状、塊状、錐状
  • 屈折率:1.64~1.69
  • 比重:3.3
  • 光沢:ガラス光沢
  • 劈開:弱い
  • モース硬度:7
  • 耐久性:2~3

 

主な原産地

  • アメリカ合衆国
  • ブラジル
  • エジプト
  • アイルランド
  • ロシア
  • スリランカ
  • カナリア諸
  • 中国
  • ミャンマー
  • ノルウェー
  • オーストラリア
  • シエラレオネ

 

 


ページの先頭へ戻る